就労支援と事業所開拓・地域密着サポーター養成事業

就労支援と事業所開拓・地域密着サポーター養成事業とは

大阪市では、大阪市内在住の若年者・中高年齢者・障がい者・母子家庭の母など、 就職に向けた支援が必要な人を対象に無料で就労相談(大阪市地域就労支援センター)、職業相談・紹介事業(大阪市しごと情報ひろば)を実施しています。

この度、それらの事業と連携し、就職活動中の方には「就職に向けた階段づくりのお手伝い」を、事業所様には「採用活動のお手伝いとCSR(企業の社会的責任)の機会づくり」を提供すると同時に、本市の就職支援事業や就労支援機関などとネットワークを構築し、このネットワークを有効に活用しながら、求職者が「就職」に結びつくことを目的として事業を実施しています。

※上記の内容に加え、事業を通じて就労支援のリーダーを担うことができる人材の育成もおこなっています。

就職活動中のの皆様へ

就職活動への一歩がなかなか踏み出せない方

弊社へ通所し就職へ向け生活リズムを整えることやコミュニケーション力の向上など課題と感じる事柄の克服に向けサポートします。

就職に結びついた方・離転職を繰り返している方

望むように進まない原因を洗い出すため、キャリアコンサルティングや就労体験などを通じてサポートします。

※ご利用には、大阪市地域就労支援センターもしくは大阪市しごと情報ひろばへの登録が必要となります。(大阪市内在住の方対象)

事業所の皆様へ

弊社のホームページにて求人情報を掲載し、就職活動中の方へ情報発信いたします。

就職に向けた支援が必要な方(若年者、中高齢者、障がい者、母子家庭の母など)へ
職場見学や就労体験の場をご提供ください。

支援機関の皆様へ

就職に向けた支援が長期に渡って続いている方へ、本事業をご案内ください。

対象者の方の就職に向けたサポートを各々の課題に応じておこないます。

Page Topへ