知って得する情報

|知って得する情報|2017.07.31

夏休み中の旅行には保険証を忘れずに。

緊急シリーズ③

************

夏休み中の旅行には保険証を忘れずにお持ちください。

突然のけがや病気で病院に行く場合

 保険証(原本)がないと、全額自己負担で支払うことに。

 

後で支払った医療費を返してもらう方法はありますが

二度手間になります。

(例えば、国民健康保険は市役所で領収書など必要な物を用意し

請求手続するをします)

***********

やはり、旅行には保険証の原本を所持して出かけるのが一番です。

*********

●詳しくはこちら→(守口市HPより「療養費」の項目)

http://www.city.moriguchi.osaka.jp/kakukanoannai/

shiminseikatsubu/hokenka/kokuminkenkohoken/1445415040820.html

(続きを読む)

|知って得する情報|2017.07.30

夜間に子供が急病、判断に迷ったら ♯8000

≪緊急シリーズ②≫

************

 

病院の診察時間外におこる、子供の急な発熱・咳・湿疹・やけど・腹痛・誤飲等...

「どう対処すればいいの?」「救急外来を受診すべき?」と、迷うことありますよね。

*********

そういう時は、小児救急専門の電話相談があります。

電話番号は ♯8000

365日・20時~翌8時対応とのこと。

 

もし電話がつながりにくい場合は、「こどもの救急」サイトを利用してみてください!

対象年齢1ヶ月~6歳で、症状の目次も多く、簡単に判断結果が出ます。

こどもの救急HP→http://kodomo-qq.jp/

 ************

明らかに重症の時は119で救急車を呼んでください。

*************

急な病気の判断に迷う時、♯7119 や ♯8000で相談できると、

それだけで少し落ち着けるのではないでしょうか。

●詳しくはこちら→http://www.pref.osaka.lg.jp/iryo/syouni-qq/komatta.html

*********

(続きを読む)

|知って得する情報|2017.07.29

この夏休み、突然の病気やケガで判断に困ったら ♯7119

《緊急シリーズ①》

********

病気やケガは、いつでもどこでも急に起きて、すぐに判断を求められますよね。

********

例えば熱中症とか、高齢者の親が転んで頭を打ったなど...

重症か軽症なのか判断できないことも多いのではないでしょうか?

*********

「応急手当の方法は?」「病院に行ったほうがいい?」「近くの救急病院はどこ?」

「救急車を呼んだほうがいい?」

********

このようにどうしたらいいのか困った時には

♯7119 又は 06--6582--7119(緊急安心センターおおさか)に連絡して下さい。

365日・24時間電話で相談にのってくれます。

 

意識がないとか明らかに危ない状態で"緊急"と判断できる時は、

迷わず 119 の救急車を呼んでください。

 

●詳しくはこちら(守口HPより)↓

http://www.city.moriguchi.osaka.jp/kakukanoannai/

kikakuzaiseibu/kohokochoka/koho/kurashi/

kinkyusaigaijoho/1445415376688.html

(続きを読む)

|知って得する情報|2017.07.13

守口市内で詐欺の電話が増えています、ご注意ください!!

********

守口市内で詐欺の電話が増えています。

具体的には

**********

ケース①:大阪府警察本部捜査二課を名乗る者から

「犯人を捕まえたら、貴方の口座が悪用されている」と電話。

*************

ケース②:保健課職員を名乗る者から「還付金が発生している」と電話。

***********

還付金手続きで、警察や市から直接電話をかけたり

ATMの操作をお願いすることは絶対にありません。

*************

もし不審な電話があった場合、まずは相手の言った電話番号は使わず直接

       「守口警察署」℡:06‐6994‐1234(代表)

       「守口市役所」℡:06‐6992‐1221(代表)に電話をして確認しましょう。

 *************

●詳しくは「広報もりぐち6月号」(21頁)

●又は→http://www.city.moriguchi.osaka.jp/topics/1498022885028.html

http://www.city.moriguchi.osaka.jp/kurashitetsuzuki/shohiseikatsu/1450681283307.html

*************

**************

(続きを読む)

|知って得する情報|2017.04.07

就労困難者の方 就労相談はくらしサポートセンター守口へ

*******

平成29年4月1日から守口市の相談業務の統合により、

「守口市地域就労支援センターラポール」での就労相談を

『くらしサポートセンター守口』でおこなっています。

*************

『くらしサポートセンター守口』では

働く意欲がありながら、さまざまな要因を抱え

雇用や就労が実現できない方々の支援、

ひとりひとりが意欲と能力に応じて

生き生きと働くことのできる社会の実現を目指すことを目的として、

様々な支援をおこないます。

***********

◆対象となる方

障害者、母子家庭の母親、中高年齢者など、働く意欲がありながら、

様々な阻害要因があるために雇用・就労できない方々。

****************

 ◆くらしサポートセンター守口の支援メニュー

*****

●ハローワーク求人端末機による仕事の検索

●守口市内の貼り紙求人や求人情報誌、求人広告の情報提供

●履歴書・職務経歴書の書き方

●面接トレーニング(予約制)

●履歴書写真撮影

●アサーショントレーニング(予約制)

●職業能力適性検査(予約制)

●職場体験(必要に応じて)

●個別求人開拓(必要に応じて)

*********

◆各種の就労支援機関との連携

*********

 雇用・就労にいたることが困難な場合は、

 「ハローワーク」や「障害者就業・生活支援センター」

   「母子家庭等就業・自立センター」などと

 連携しながら就職困難者等の雇用・就労の実現を目指します。

***********

また、守口市内での雇用・就労が困難なケースや広域的な支援が必要なケースについては、

一般社団法人おおさか人材雇用開発人権センター(C-STEP)の

人材開発・養成事業等へ誘導。

雇用・就労の実現を目指します。

**********

詳しくはくらしサポートセンター守口へお問合せ下さい。

(続きを読む)

|知って得する情報|2017.04.07

テルプラザ2階 債務・就労問題の無料相談をおこないます。 

*******

債務に関する相談・職場でのトラブルなど

労働に関する相談を知識豊富な相談員が

無料でお受けします。

*********

平成29年4月から曜日が変わり

毎週水曜日(年始年末・祝日を除く)になりました。

午前10時~午後4時(正午~午後1時を除く)

**********

場所:京阪電車守口市駅前テルプラザ2階(市民体育館歩道橋前)

           多重債務・労働問題相談室ラポール 

           電話番号:06-6992-1290(水曜日のみ 午前10時~午後4時)

*******

●事前予約制(守口市役所 地域振興課 ☎06-6992-1490)

●当日は多重債務・労働問題相談室ラポールにご連絡下さい

 電話番号:06-6992-1290(水曜日のみ 午前10時~午後4時)

********

********

※守口市地域就労支援センターラポールが、相談事業の統合により、

 多重債務・労働問題相談室ラポールにリニューアルしました。

 就労に関する相談はくらしサポートセンター守口が承ります。

********

くらしサポートセンター守口

電話番号:0800-200-8011

(続きを読む)

|知って得する情報|2016.12.26

自動車事故でお困りの方へ 自動車事故被害者援護制度のご案内

********

独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)では、

自動車事故被害にあわれた方々に以下の取り組みを行っています

*********

●交通遺児等の育成資金の無利子貸付と友の会

●介護料の支給と訪問支援・交流会

●脳損傷の治療を行うNASVA療養施設

********

詳しくはこちらをご覧ください。↓

自動車事故対策機構.pdf

**********

NASVA
交通事故被害者ホットライン

☎0570-000738

**********:

(続きを読む)

|知って得する情報|2016.12.09

「障害者差別解消法」について

********

2016年4月から、障害者差別解消法が施行されました。

この法律は、障害のある人もない人も、

互いに、その人らしさを認め合いながら、

共に生きる社会をつくることを目指しています。

*******

不当な差別的取扱いの禁止

国・都道府県・市町村などの役所や、

会社やお店などの事業者が、障害のある人に対して、

正当な理由なく、障害を理由として差別することを禁止しています。

*********

 (具体例)

●受付の対応を拒否する。 

●本人を無視して介助者や支援者、付き添いの人だけに話しかける。

********

詳しくはこちら↓

●差別のない社会づくりのためのガイドライン(大阪府)

http://www.pref.osaka.lg.jp/jinkenyogo/guideline/index.html

***********

●障害者差別解消法第8条に係る相談(大阪府広域支援相談員)

相談日時/月-金 10時-17時 (土・日・祝・年末年始を除く)

大阪市中央区 大手前3丁目2番12号 大阪府庁別館1階

電話番号06-6944-0721

FAX06-6942-7215  

 

(続きを読む)

|知って得する情報|2016.10.03

大阪府の最低賃金のお知らせ

********

平成28年10月1日

大阪府最低賃金が

883円に改正されました。

********

詳しくはこちらをご覧ください↓

http://osaka-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/jirei_toukei/saitei_chingin/saitei.html

(続きを読む)

|知って得する情報|2016.09.27

就学に関する援助制度 就学援助費について

*********

守口市教育委員会では、経済的な理由により就学困難な児童の保護者に対し、学校でかかる費用の一部を援助しています。希望される方は、「就学援助費受給申請書」により申請することができます。

*********

なお、前年度受給された方でも、今年度も希望される場合は、新たに申請が必要です。

*********

4月から翌年2月までの期間であれば、いつでも申請できます。
(5月末日までの申請で認定された場合、認定月は4月にさかのぼります。6月以降の場合は、申請月が認定月となります。)

**********
詳しくはこちらをご覧ください↓

http://www.moriguchi-osk.ed.jp/ookubo_es/html/jimu_enjyo.html

**********

お問合せ先

守口市教育委員会事務局 指導部 学校教育課 学事係
 TEL 06-6995-3155(直通)

 

 

 

(続きを読む)

1  2

ページトップへ