News&Topics

|知って得する情報|2017.10.04

セアカゴケグモに注意してください!

(注意シリーズ③)

**************

毒持ちの外来種生物の元祖と言えば、このセアカゴケグモ。

*************

初めて大阪で見つかってからもう20年以上経ち、現在では大阪中はもとより

ごく一部を除いて日本全国で見つかっているそうです。

ですから今までは見なかったとしても、十分に身近にいると思い、気を付けてください。

*****************

 

例えば久しぶりの排水溝の掃除や植木の植え替え時など、

ゴキブリ用(ピレスロイド系)殺虫剤をそばに用意しておいて、

噛まれないように軍手を着用して作業してください。

***************

外に置いていた長靴などを使う時は、中を十分確認してからはきましょう。

1㎝位のクリーム色の玉は卵で、膜の外からの殺虫剤では殺せません。

****************

●親グモ→殺虫剤で殺し、念のため靴で踏みつぶす。

●卵→靴で踏みつぶす。(子クモが飛び出すのが心配ならビニール袋に入れておこなう)

**************

大量発生の場合は下記に相談してください。

「守口市環境政策課美化・衛生」担当tel:06-6992-1511

*************

※参考資料→「広報もりぐち8月号」(14頁)

大阪府HP「セアカゴゲグモについて」→http://www.pref.osaka.lg.jp/kankyoeisei/seaka/

〃動画→https://www.youtube.com/watch?v=NAK8lAjmHIA

**********

ページトップへ